ノってるまいにち♪ 十勝毎日新聞 ノってるまいにち♪ 十勝毎日新聞

十勝毎日新聞社・年間キャンペーン特設サイト。十勝毎日新聞には、十勝の日々のさまざまな情報がノっていて、読者に情報の充足感とひらめきを与え、生活者の毎日に勢いや高揚感が加わる。つまり、ノってる毎日がもたらされる。「乗っている」事と、「気分が乗る」事の二つの意味を込めます。

Loading...

TOPICS

トピックス

  1. ホーム
  2. トピックス
  3. 【逆取材シリーズ】政経部・市政担当の岡田記者のSPインタビュー
174

【逆取材シリーズ】政経部・市政担当の岡田記者のSPインタビュー

「かちまい」記者の逆取材シリーズ。今回逆取材させていただいたのは、岩見沢市出身で、2017年に入社した、政経部・市政担当の岡田優人さん(25)です。趣味はアウトドア、中でも登山ということで仕事でもプライベートでも、たくさんの山を乗り越えていく若手記者です。

―記者の仕事はいかがですか?
毎日取材で走り回っていて、スピード感をすごく感じます。1日遅れるとニュースの価値が下がってしまうので、十勝のみなさまに一刻も早く伝えることを一番大事にしています。いろいろと勉強も必要ですが、それに見合ったやりがいを感じます。

―政経部の前は社会部・スポーツ担当でしたね!
2019 IIHF女子U18アイスホッケー世界選手権が帯広で開かれたとき、メイン担当をさせていただきました。世界レベルのアスリートを間近に取材できたことが貴重な経験でした。今でも力になっています。この大会をきっかけに、アイスホッケーが好きになりました。

―登山の一番の思い出は?
学生の時、部活の夏合宿で南アルプスを登ったことがあります。20kg以上はある荷物を背負って8日間の山行でした。「南アルプスの天然水」という商品があるように、水場が豊富な山域で毎日雨に降られたり、お風呂に入れないなど大変なこともありました。それでも、当時の仲間と難しい課題を乗り越えた経験は、粘り強さなど現在も生かせていると感じています。

―おもしろい経験ですね!次に挑戦したい山はありますか?
十勝は「大雪山」「阿寒摩周」と2カ所の国立公園があり、十勝で3カ所目として「日高山脈襟裳」も指定の見通しとなるなど自然が魅力的な地域です。登山者にとっては登る山の選択肢が多く最高なフィールドで、次は日本百名山にも選ばれる幌尻岳に挑戦してみたいです。

このページをシェア

十勝毎日新聞社 販売局
「ノってるまいにち♪」事務局

住所
〒080-8688
帯広市東1条南8丁目2番地 Google Maps
TEL
0120-25-3999(かちまいお客様センター)
受付
9:00~18:30(日曜・休刊日を除く)
Email
okyakusama@kachimai.co.jpメール
販売店一覧

十勝毎日新聞 2021年休刊予定日

1月2日(土)、2月14日(日)、3月14日(日)、4月11日(日)、5月5日(水)、6月13日(日)、7月11日(日)、8月15日(日)、9月12日(日)、10月10日(日)、11月14日(日)、12月12日(日)

※ 休刊日は予告なく変更となる場合がございます。

0120-25-3999
購読お申し込み購読のお申し込み

© 2019 Tokachi Mainichi Newspaper, Inc.